量産型エンジニアの憂鬱

きっと僕は何物にもなれない。

JJUG CCC 2016 Fallに行ってきました

JJUG CCC 2016 Fallに行ってきました。

何回か参加させていただいて、いつも電車で行ってたのですが、今回は車で行きました。
伊豆から新宿、高速使うと近い近い。

家帰ってから見たら、新宿まで行ったのに全然歩いていませんでした。

さて、聞いたセッションについて一言ずつ・・・

Be a great engineer!〜 フォローすべきトレンド、スルーすべきトレンドをどう見抜くのか

[CCC2016Fall]Be a great engineer! #jjug_ccc #ccc_a1 // Speaker Deck

聞いていて、首を縦に振ってました。

TwitterとかブログとかGitHubでコード書いてCPANに登録したりしたら、 色々とレスポンスいただいたりしていて、
最近自分でも「アウトプットするとインプット増える」ってのを言っていたので、
「情報を得るためには情報を発信する」ってのがぐう納得しました。

SpringはどうやってDIしているのか

SpringはどうやってDIしているのか? #jjug_ccc // Speaker Deck

本筋とは関係ないけど、農業とIoTも進んでるなあー。と感じました。
本筋は Spring の DI についてソースコードを追っていく感じ。
この時Surfaceのペンが壊れて気を取られていたら追いつけなくなってしまった。。。

理解するにはやっぱりソースコードリーディング必要やなあ。と思った次第。

Event Driven Microservices with Spring Cloud Stream

Data Microservices with Spring Cloud Stream, Task, and Data Flow #js…

今回自分が使っていない技術の話聞いたのはこのセッションだけですね。
今まで Spring Cloud のこと誤解していました。
そして連携がめっちゃ簡単で度肝抜かれました。

今はマイクロサービスは導入してないんですけど、カードとして取っておきたい技術。

Spring CloudでDDD的なマイクロサービスを作ってみる

GitHub - bufferings/jjug-ccc-2016-fall

DDDで出てくる言葉について、実際にやってみて理解が深まったという話

境界つけられたコンテキスト

組織の違いによって物理的に境界つけられたことが、結果的によかった。
DBに直接アクセスしちゃえば楽だけど、後のことを考えると・・・

ユビキタス言語

普段日本語で話してるのにソースに落とす時点で英語に変換しちゃっている。
社内で英語で話すようになって真のユビキタス言語を理解できた。

リポジトリ

DBとのやりとり。エンティティにはアノテーションすらつけない。 ここは Hibernateアノテーションぺたぺたつけてる自分的には悩みどころ。

ドメイン駆動設計とScala 〜既存プロジェクトへの適用〜

DDDについての基本的なところ教えていただいた感じ。
エンティティ、バリューオブジェクト、集約など
コンテキストの言葉の意味が通じる範囲の例がわかりやすかったです。
(自分のメモでは肉まんが関西ではになっているけど違う例だった。)

JPA と DDD の関係で僕が思っていること

JPAとDDDは相性いいのでは?っていうお話。

仕様と実装(ExlipseLink、Hibernate)でも違う部分もある。

自分は今の業務でHibernate使っているので非常に参考になりました。
上にも出てきたけどアノテーションでテーブルの情報などで汚染されちゃうのが嫌な場合は、 xmlファイルに定義すればいいと。

xmlしんどいからアノテーションっていう経緯もあるので、
すごい悩ましいところ。
まあ、方針さえ決まればいいところつまみ食いでいいと思っています。

そしてこのカタログは重宝しそう。
JPA マッピングカタログ - Qiita

ここまで聴いて撤退し、横浜でガッツ麵DXを食べました。

4年間乗ってきたワゴンRちゃん最後の長距離ドライブ。楽しかったです。