量産型エンジニアの憂鬱

きっと僕は何物にもなれない。

Redmineプラグインを作ってみた

業務における運用作業をRedmineで管理することになったのですが、そのままでは非常に使いにくい気がしたのでプラグインを作成することにしました。

運用作業をチケットとして管理するには

  • チケットを作成する
  • チケットの進捗率を変える
  • チケットのステータスを変える
  • チケットの作業時間を記録

これらのコストがかかります。
運用作業は「やった」か「やってない」かだと思うので、チケットの進捗率・ステータス・作業時間は自動的に更新したい。
チケットの作成も、同じものをいくつも登録しなければならないので、これを簡単に行えるようにしたいです。

これまで Rails でアプリを作ったことはおろか、 Rubyスクリプトを書いたこともないですが、作ってみました。
作成には以下の記事がとても参考になりました。

Redmine3.2プラグイン開発入門 (1) - 新規画面を追加する - Qiita
Rails を知らない人のための Redmine プラグイン開発ガイド

作成したプラグイン

作成したプラグインGitHubにおいてます。
github.com

インストール

git clone https://github.com/duck8823/redmine_operations.git plugins/redmine_operations
rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

使い方

プロジェクトの設定で使用するモジュールにチェックを入れると、プロジェクトメニューに 「運用」 が追加されます。
「運用」メニューでは、運用作業の登録・編集と、スケジュールの登録が行えます。
各種設定もここで行います。
f:id:duck8823:20160813010558p:plain
スケジュールの登録はカレンダーをポチポチクリックするだけなので、楽だと思います。

ここで作成したチケットには、運用の項目が追加されます。
メニューで登録したタスク一覧が表示され、チェックボックスのチェックの数に連動して進捗率・ステータス・作業時間が自動的に更新されます。
f:id:duck8823:20160813011103p:plain

Redmineプラグイン作成用のコマンドも用意されていて、他言語の開発経験があれば結構簡単に作成できました。
どんどん作成して楽できるところは楽したいですね。

参考にしたサイト

Redmine3.2プラグイン開発入門 (1) - 新規画面を追加する - Qiita
Rails を知らない人のための Redmine プラグイン開発ガイド
jQueryUIのDatepickerで複数の日付を選択する(簡易版) - thinking now...